e連載ブログ – e映像制作.come連載ブログ

映像制作・動画制作、パンフレット、Web制作、スマホアプリ、Pepperアプリ、AIについての情報ブログ

 

出力に適した解像度を選ぼう!

◇大阪・神戸・京都での映像・動画制作ならe映像制作.com https://e-eizo.com

 

4567
デジタル画像を扱う際によく耳にする解像度。
デジタルの画像はドット(点)の集まりで構成されています。
1インチの中にどれだけドットが集まっているかで、
解像度の数値が決まります。

72dpiは1インチの中に72個のドット、
350dpiは1インチの中に350個のドットを表します。

簡単に言えば、解像度はきめの細かさ。
解像度の数値が高ければ、密度の高い画像と言えます。

ただし、解像度を上げれば良いというものではありません。
それぞれの出力により、適性の解像度が決まっています。

◎一般的な印刷物…300〜350dpi
◎ポスターや看板などの大判サイズ…150〜250dpi
◎webなどのパソコンモニター…72〜96dpi

基本的は適性解像度よりも上の数値であっても
画質がよくなることはありません。
webサイトに72dpiと350dpiの画像を貼り付けても
パソコンモニターでは画質の差がありません。

重要なのは適性解像度の数値で
画像サイズがどのくらいあるのかが大切です。

印刷物で解像度350dpiで
サイズが3×3cmしかない画像は
3cm以上に引きのばすと
画質が荒れてしまうので注意が必要です。

反対に解像度72dpiで50×50cmある画像は
350dpiに換算すると、画像サイズは約10×10cmとなります。

特にホームページ上の画像を
印刷物に使う際には注意が必要になります。

★映像・動画制作をフルサポート! https://e-eizo.com/

e映像制作.comへのお問い合わせ

大阪
06-6195-4011
兵庫
0796-24-6373
フリーダイヤル
0120-947-273
受付時間:平日 9:00〜20:00(土日祝休み)  お問い合わせフォーム

 -
木村