e連載ブログ – e映像制作.come連載ブログ

映像制作・動画制作、パンフレット、Web制作、スマホアプリ、Pepperアプリ、AIについての情報ブログ

 

ものづくりには遊び心は欠かせない

◇大阪・神戸・京都での映像・動画制作ならe映像制作.com https://e-eizo.com

 

YouTubeをはじめ、さまざまな動画投稿サイトには、数年前から開始5秒間はスキップ出来なかったり、最後までスキップ出来ないような広告が、動画の前や途中などに差し込まれるようになりました。

動画を無料で見ることが出来るわけですから、広告が表示されるのはしょうがないのですが、やはりイライラする原因になります。

そんな動画広告ですが、さすがに普通の動画を流していても、ほとんどの場合マイナスイメージになってしまいます。
なので視聴者に最後まで見てもらえるように、冒頭の5秒間でガッツリ視聴者の気を引き付けるような内容にするなど、広告会社は各社趣向を凝らしています。

例えば次の動画のようなものがあります。
冒頭で悪者キャラクターを使って視聴者を逆にイライラさせて、そのキャラクターを退治するというような仕組みを取り入れて、視聴者をスカッとさせて最後まで動画を見させる、というものです。

以下の内容は、『movieTIMES』さんから引用

主人公はPricklyという名付けられた雑草キャラクター。
動画の序盤から人の足を噛んだり、わめき散らしたりと、視聴者を不快な思いにさせます。
さらにPricklyはあっという間にその数を増やし、庭いっぱいになったところで、ようやく同社の除草剤が登場し、Pricklyを退治してきれいな庭を取り戻すというストーリーです。


本作でユニークなのが、スキップボタンと一緒に現れる「Kill Prickly(Pricklyを退治する)」というボタン(アノテーション機能を使用)。
Pricklyにイライラしている視聴者は思わずこのボタンをクリックしてしまうでしょう。
すると、商品が登場する場面まで早送りされ、商品が雑草を退治しているシーンを目にすることになります。
YouTubeのさまざまな機能を巧みに使い、不快な思いをさせてはいけないという広告のセオリーさえもひっくり返した秀作です。

※上記の動画は広告動画として再生されているわけではないため、スキップボタンは表示されません。

このように広告動画の場合は、普通の動画にするのではなく、上記のような遊びを盛り込んでみたり、あえて悪いイメージであるスキップボタンを活かした面白い仕掛けを動画内に盛り込むことで、逆に広告動画を視聴者に楽しんで見てもらえる可能性が出てきます。
なので悪をただ単に悪として捉えるのではなく、悪を善として上手く扱えるような技量が制作者には必要になってきます。

★圧倒的な制作実績で映像・動画制作をフルサポート!
http://e-eizo.com/

★映像・動画制作をフルサポート! https://e-eizo.com/

e映像制作.comへのお問い合わせ

大阪
06-6195-4011
兵庫
0796-24-6373
フリーダイヤル
0120-947-273
受付時間:平日 9:00〜20:00(土日祝休み)  お問い合わせフォーム

 -
森田