e連載ブログ – e映像制作.come連載ブログ

映像制作・動画制作、パンフレット、Web制作、スマホアプリ、Pepperアプリ、AIについての情報ブログ

 

機械翻訳を上手に使うコツ

◇大阪・神戸・京都での映像・動画制作ならe映像制作.com https://e-eizo.com

 

jjjo先日、Googleの機械翻訳が
進化したとの発表がありました。

機械翻訳といえば、
ちょっと英文の意味を知りたい時に使うぐらいで、
自社サイトに導入している企業はほとんどありません。

これは翻訳精度の問題というよりも
日本語と英語の文法の違いによる
不自然な翻訳の問題といえます。

今回、Googleの機械翻訳では
文章をパーツごとに翻訳するのではなく、
ひとつの文として翻訳することが大きな特徴です。

言葉の順番を変え調整することで、
文法により正しく、人の言葉に近い
翻訳ができるようになりました。

しかし、Googleもより良い機械翻訳への道のりは、
まだ遠いことも事実と認めています。

それでは機械翻訳はまだまだ
自社サイトに使えないのでしょうか。

訳語に以下のような工夫を凝らせば、
より精度の高い翻訳を行うことができます。
ここでは英訳のコツをご紹介します。

◎なるべく漢字を使う
・単語と単語のスペースがない日本語に
 漢字を入れることで、機械に単語の切れ目を教える。
・略語は略さず記入する

◎文章を短く区切る
・日本語は1文に複数の話題を盛り込めますが、
 英訳では文を短く切ることがおすすめです。

◎文章を簡潔にする
・日本語にありがちなあいまいな語尾はさけ、
 断定的な言い回しにする。
 例)〜したいと思う → 〜したい

◎あいまいな表現は避ける
・主語と述語が分かりやすい文を心がける。
 「てにをは」を気をつけるだけで精度がアップ。
 例)ご意見をお聞かせください
 → 私にあなたのご意見をお聞かせください

★映像・動画制作をフルサポート! https://e-eizo.com/

e映像制作.comへのお問い合わせ

大阪
06-6195-4011
兵庫
0796-24-6373
フリーダイヤル
0120-947-273
受付時間:平日 9:00〜20:00(土日祝休み)  お問い合わせフォーム

 -
木村