e連載ブログ – e映像制作.come連載ブログ

映像制作・動画制作、パンフレット、Web制作、スマホアプリ、Pepperアプリ、AIについての情報ブログ

 

北前船(きたまえぶね)ってどんな船?

◇大阪・神戸・京都での映像・動画制作ならe映像制作.com https://e-eizo.com

 

北前船とは、江戸時代から明治時代にかけて、
日本海海運で活躍した買積みの北国廻船(※1)の名称です。
大坂では瀬戸内海から赤間関を経て日本海方面に向かう船を「北前行き」と呼び、
その船乗りを「北前乗り」と言いました。
※1,廻船(かいせん)とは、港から港へ旅客や貨物を運んで回る船のこと。

幕府が置かれ、人口が急激に増大していった江戸に、京都・大坂からの
年貢や生活物資を運ぶため、寛文11(1671)年河村瑞賢が東廻航路を
整備し、翌年には西廻り航路を整備しました。

蝦夷地(北海道)ははじめ松前藩が支配しており、産物を京都・大坂に送って
藩の収入を得ていました。その時の交易を担っていたのが近江商人で、産物の
輸送を請け負っていたのが北陸の船主たちの船でした。
寛政11(1799)年、松前藩の支配から幕府直轄なったのを契機に北陸の船主たちが
近江商人から独立し、自ら仕入れて販売する買積みの商いを行うようになっていきました。
これが北前船による廻船の始まりと言われています。

そして、兵庫県豊岡市の竹野浜には北前船をテーマとする資料館と温泉入浴施設
を核とする複合施設があります。
周辺にはジオパークを歩いて散策でき、北前館の資料館でもどのように
形成されてきたのかを見ながら知ることができる3Dマッピングもあります。

ここは誕生ノ浦と呼ばれています。
波も穏やかだったので、歩いて散策することができました。


北前館は、旅楽夏号や特産の誕生の塩を利用したラーメンをご紹介させていただきました。
夏は海水浴で有名な土地ですが、様々な体験や食を通じて北前船や竹野という土地のことを
もっと知って頂きたいと思います。

但馬へお越しの際には是非お立ち寄りください。

★映像・動画制作をフルサポート! https://e-eizo.com/

e映像制作.comへのお問い合わせ

大阪
06-6195-4011
兵庫
0796-24-6373
フリーダイヤル
0120-947-273
受付時間:平日 9:00〜20:00(土日祝休み)  お問い合わせフォーム

 -
小谷