e連載ブログ – e映像制作.come連載ブログ

映像制作・動画制作、パンフレット、Web制作、スマホアプリ、Pepperアプリ、AIについての情報ブログ

 

姫路市のAI学習データを自治体に無料提供

◇大阪・神戸・京都での映像・動画制作ならe映像制作.com https://e-eizo.com

 

 株式会社キャメルは、兵庫県姫路市が来年度に本格運用開始を目指す、
「AIを活用した対話型問い合わせサービス構築とAI共同研究事業」を
受託しました。

姫路市に採用された機能は、キャメルの「Edia(エディア)」を活用した
対話型問い合わせサービスで、導入と共同研究開発で培った
ノウハウや学習データは、今後標準機能として提供いたします。

■AIチャットボットについて
 チャットボット(chatbot)とは、「チャット」と「ボット」を
組み合わせた言葉で、人工知能を活用した「自動会話プログラム」のことです。

人間同士が会話する「チャット」に対して、「チャットボット」は人工知能を
組み込んだコンピュータが人間に代わって対話をします。

■Ediaの特徴
・AIによる自然言語解析
・ブラウザや外部接続によるアクセス、
・多言語対応(日本語、英語、中国語【簡体・繁体】、韓国語、ベトナム語)
・外部リンクや写真、地図の埋め込み
・3000を超える学習済みのデータ
・ログの記録と管理
・LINEやFacebookなどのインターフェイスに組み込める
・AIの学習管理
・キーワード・同義語によるマッチング
・キャラクターの利用
上記以外にも「Edia」には多くの特徴が備わっています。

■Edia導入のメリットについて
 従来は学習データを作成するのに膨大な作業時間と費用が発生していました。
しかし、今回の共同研究開発によって、蓄積された学習データを標準機能として
提供しますので、これから導入を検討している自治体はEdiaの利用料のみで
導入をすることができます。
そのため、大幅なコストダウンでAIの導入に踏み切れます。
これにより、近年取り組みが求められている働き方改革で職員負担の軽減を図り、
住民サービスの向上が実現できます。

【姫路市のAIについて】
 日本国内ではAIを活用することで、各自治体のBPRの促進や審査業務に
おける業務の省略化・アカウンタビリティの向上に大きな期待が
寄せられています。

自治体でも将来的な職員数の減少が見込まれる中で、現在の市民サービスの
質・量を維持していくためにIT技術の活用が急務となっています。
姫路市においても、市民サービスの向上や職員負担の軽減を図るため、
自治体がおこなっている様々な業務の分野でAIの活用をおこないます。

そして、均一な問い合わせ・相談サービスを提供するAIを活用した対話型サービス
の機能導入とともに、行政分野におけるAIの活用について研究開発を実施します。

人工知能を活用したい自治体の担当者様はお気軽にお問い合わせ下さい

 
AI MEDIA REVOLUTION CAMEL
 
  

★映像・動画制作をフルサポート! https://e-eizo.com/

e映像制作.comへのお問い合わせ

大阪
06-6195-4011
兵庫
0796-24-6373
フリーダイヤル
0120-947-273
受付時間:平日 9:00〜20:00(土日祝休み)  お問い合わせフォーム

 -
羽渕