会社・店舗紹介動画<商品ラインナップ>

お見積もりや質問など、お気軽にご相談ください

 

【効果的に会社・店舗を紹介する】

 

会社案内を動画にする1番のメリットは「分かすくすること」にあります。
紙媒体やWEBと比べて視覚的な訴求をする「映像」と聴覚的に訴える「音声」によって、視聴者が軽いスタンスでも伝わりにくい事業内容を分かりやすく伝えることができます。
会社のパンフレットも自分で見て、理解するよりも、例えば会社紹介動画を見ながら、パンフレットを読むのとでは、理解力や記憶への定着率が全く異なります。

この企業の強みはなんなのか?
この企業が与えてくれるメリットはなんなのか?
このお店でが他と違う魅力はなにか?

伝えたい内容を短時間でいかに伝えられるかが
会社・店舗案内動画の決め手といえるでしょう。

1. 空気感を伝える

動画の強みは「雰囲気」が伝わりやすい

パンフレットでよく見られる社内の写真画像や店舗スタッフの紹介もだた静止画を見ているだけでは、雰囲気がなかなか伝わらないものです。
お店の奥行きや360℃見渡した映像、会話、インタビューに応えるスタッフがそれを伝えてくれます。
「雰囲気」をターゲットとなる視聴者の方に伝えるということは、自社のことを理解してもらう上で、
視聴者の方の印象を大きく左右する非常に重要な役割を果たすと私たちは考えています。

2.他社との差別化をはかる

会社・店舗案内でもっともポピュラーといえるものが紙媒体でしょう。
しかし、最も一般的であるが故に、他社の情報と混在してしまい、埋もれやすくもなってしまいます。
その観点から考えれば、会社・店舗動画は、他社との差別化という面で非常にわかりやすく、
また、紙媒体以上に会社・店舗を理解してもらいやすいという大きなメリットを持ちます。

 

3. カット割や画質は非常に重要!

最近では、スマートフォンの普及で簡単に動画を撮影・編集することもできます。
しかし、大事な会社・店舗紹介をそれで済ませてしまってよいのでしょうか?
手ブレをおこした動画や平行がとれていない動画、音声が聞き取りにくい、テロップがない、などこれは逆に悪いイメージにつながることもあります。
今後ビジネスを成功させていく大切な自己PR動画であるならば、きっちりとプロの作成した動画を用いるべきです。

 

 


 

【会社・店舗案内・紹介動画】

 

パターン1/
「各種メーカーの会社案内」の推奨例
ひとりの若手社員をピックアップして実際に働いている現場を舞台に
それに携わる人、業務を紹介し、求める人物像を掲げる

 

 

 

制作のポイント

 

ナビゲーターによるパンフレット形式の仕上がり。
  会社案内としては、簡潔でわかりやすい定番のスタイルです。
  ナビゲーターによってパンフレット内容をより掘り下げた説明を加えてくれます。
  会社案内用のパンフレットと合わせて見せれば非常に効果的です。

 

 会社の強みのひとつは「人間力」
  会社の強みは、専門的な分野の特徴や他社に勝る差別化のポイントが多く取り上げられます。
  各企業によって、それぞれいくつかの強みがありますが、
  さらにもうひとつ「人間力」を付け加えましょう。
  専門的な強みばかりだと、まだ何もわからない学生にはピンとこないものです。
  面接においても自己PRの仕方に困ってしまいます。そこで「人間力」をプラスすることで、
  企業に対して、自分でもやれるという希望につながります。

 

 社内研修制度・育成例をあげる
  学生はこの企業に入って自分がどんな風に成長できるかを考えます。
  実際のところは、なんとなくぼんやりとしたイメージは持っていても、現実とは異なることが多く、
  それが挫折につながるこ  ともしばしばあります。
  そこで大切となるのが育成のパターンを示すことで、学生の将来的なビジョンを明確にしてあげることです。
  この会社で何をして何を評価されたいのかをしっかりと考えさせることができます。

 

 最も気になる「給与」「賞与」「残業」
  どんなに希望の職種でも、どうしても気にしてしまうのは待遇や福利厚生といった就業内容でしょう。
  その情報についてはどんなに細かくてもOKです。詳細であるほど企業の信頼も高まります。
  初任給が他社と比べて低めであったとしても、
  ベースアップのシステムを示すだけで考え方が変わるでしょう。

 

 


 


パターン2/
「温泉宿・その他宿泊施設」の推奨例 

イメージを重視した雰囲気のある映像でユーザーの心を掴む。

 

 

制作のポイント

 

 動画全体で1日を表現する
  宿泊の1日を動画で追ってゆき、ユーザーが宿泊したことを想像させることができます。
  さらに、その宿が1番オススメする季節と合わせれば、
  季節ならではの景観とその素晴らしさを伝えることができます。

 

 テキストを使わず、映像で見せる
  宿の説明に細かなテキスト文字よりも、
  映像の視覚的な訴求の方がユーザーの想像力を高めやすいといわれます。
  部屋の雰囲気、温泉の温かみ、食事の魅力などからまずはユーザーを取り込みましょう。
  内容が気になるユーザーはHP等で確認するはずです。。

 

 宿の情報だけではなく周辺・地域情報もプラスする
  温泉宿など、観光がメインとなるユーザーが多い宿では、周辺情報や近隣の観光情報を取り入れることで、
  宿に泊まる価値を高めてくれます。
  また、特に観光要素の高い場所では、こちらに比重を置くこともオススメします。

 

 4K、タイプラプスなど映像技術を活かす
  映像がメインとなる宿紹介では、流行の映像技術や高画質にこだわるべきでしょう。
  さらに※タイムラプスを用いることで、映像の中に時間を感じさせることができます。
  
  ※タイムラプスとは、デジタルカメラを用いて連続したスチール画像を撮影し、
   
それを素材として作った動画のこと。

 

 


 

 


パターン3/
「イラスト動画で見せる会社紹介」の推奨例

オリジナルイラストを用いて興味を持たせる。
他社との差別化の面でも一歩リードできる。

 

 

 

制作のポイント

 

 会社のマスコットキャラを作って印象的に。
  イラスト動画を作る際にメインとなるキャラクターを用いると視聴者に対しての印象がガラリと変わります。
  会社のオリジナルキャラクターを置くことで記憶されやすくなり、

  動画制作後も他の紙媒体やWebでも使用していただいています

 

 アニメーションでやわらかいイメージを伝える
  アニメーションの良いところはやわらかいイメージを与えられることです。
  特に表面上は堅く見えがちな会社でも、親しみを持たせることができ内容をわかりやすく伝えます。

 

 テンポ良い映像で視聴者を飽きさせない
  アニメーション動画は店舗が大事です。
  動画において長時間ものに関しては、
  比較的に飽きられやすく情報量が多すぎて記憶できないことに繋がります。
  推奨は約1分〜1分30秒、少し長くても3分以内でとどめ、インパクトを重視しつつ制作します。

 

 実写を組み合わせたメリハリのある映像
  アニメーションだけでは無機質に感じてしまう場合は、実写を取り入れましょう。
  アニメーションのやわらかい雰囲気に相乗して、実写で映るスタッフも親しみ深く感じます。
  また、実写を入れることでその会社に対する信用性も高くなります。