通販・Eコマース動画<商品ラインナップ>

お見積もりや質問など、お気軽にご相談ください

【通販・ECサイト】

 

ECサイトで動画の活用により売上を大きく伸ばした事例が数多く報告されています。
商品紹介を動画で行うことで、 文字と画像だけでは伝わりにくい細かい機能面を表現できたり、
お客様が実際に商品を利用しているシーンを疑似体験できたりと、購買促進に大きく力を発揮します。

動画を導入するにあたり、まずは手始めにスマホや家庭用のビデオカメラでの撮影でも可能かと思います。
しかし、企業であれば、顧客との信頼関係が重要になります。
いかにも手作り感溢れる動画は顧客に不信感を与えてしまう場合もあります。

信頼感を重視するのであれば、プロに頼み、クオリティや構成のしっかりとした映像を提供した方が、
より顧客に安心感を与えることができるでしょう。

映像を掲載することで、より多くの情報を伝えることが出来るだけでなく、実際に自分が利用しているシーンをイメージさせることができたり、情報接触時間を伸ばすことができるなど、購買につながる様々な好影響を与えることができます。

サイト滞在時間の延長ができる

HP上に動画を置いておけば、欲しい商品の詳細を知りたいユーザーが動画を再生することで、離脱率が下がります。

購買意欲を引き立てる

実際に商品を使用しているシーンを見ることで、ユーザーは商品の疑似体験ができます。
このことが、「実際に商品を試してみたい」という購買意欲につながります。

 

商品特性・使用感の伝達ができる

リアルに商品を知ることができるので、WEB上での購入につきまとう「写真とは違ったらどうしよう」という不安を減らすことができます。

 

 


 

【通販・ECサイト用】

 

パターン1/
「通販サイト TVショッピング風」の推奨例

 

 

 

制作のポイント

 

 テレビショピング風に仕上げる
  テレビ番組のようにエンターテイメントとして見せる方法です。
  店頭での購入と通販の大きな違いは、商品を実際に手に取り試せるかどうかです。
  実際に商品を手にとることが出来ないECサイトでは、画像だけでは伝えきれない、人が持った感覚や、
  実際の動きなどを動画を使うことで補うことが出来ます。

 

 画像と文字だけではわかりにくい、機能を動画で説明
  訴求したい機能がある・形が変わるなど、画像だけで伝えるには限界がある商品には動画での紹介が最適です。

 

 さまざまな場面での利用方法を提案する
  商品を実際に人が使っている、持っている、身につけているという描写は、
  お客様が購入後のイメージがわきやすくなるものです。
  想定される利用シーンを撮影し、こんな場面で活用できそうだな、便利そうだな、と想像させ、イメージを伝えましょう。

 

 商品の特徴をテロップで強調する
  ナレーションに合わせ、強調したい商品の特徴をテロップで表現しましょう。
  文字からの情報も簡潔に表示すると頭に入りやすいので、効果的です。

 

 


 


パターン2/
「ECサイト 化粧品使用マニュアル」の推奨例 

 

 

制作のポイント

 

 使用シーンを解説
  実際に商品を手に取り、使用するシーンを入れ、使い方をシュミレーション出来るつくりにしましょう。
  また、従来品との違い、商品の特徴を説明しながらシーンを進めると、印象に残りやすく効果的です。
  使用の際の適量、塗り方のコツなどを取り入れると親切です。

 

 詳細を説明し売上アップ、クレーム削減
  実際の使用感や使い心地、 商品状態など詳細に説明しておくことで売上げアップ、クレーム削減につながります。
  字幕とナレーションでも分かりやすく伝えていきましょう。

 

 目的に応じ動画の見せ方、タイミングを工夫
  使い方のマニュアル動画は、商品詳細ページに配置しましょう。
  その商品に対し興味を持ちページを読み進めた、購入意欲の高い見込みが動画を見ることになります。
  気になる点を動画を見ることで解消できれば、購入前の最後のひと押しになります。

 

 ユーザーサポート型の活用
  動画の活用方法は見込み客向けばかりではありません。
  購入後の顧客に対しても有効な使い方があります。
  商品の正しい使い方・商品に関する知識を動画で解説したマニュアル動画は
  カスタマーサポート性が強いので、顧客満足度向上、顧客との関係づくりにも良い効果がありそうです。

 

 


 

 


パターン3/
「無料試着が出来る通販サービス紹介」の推奨例

 

 

 

制作のポイント

 

 従来の悩みを解決できる、
 他社との違い、強みを伝える
  通常は通販サイトでは試着が出来ず、購入を躊躇しがちな靴やメガネなど、
  自宅で試着が出来る新しいサービスを紹介しましょう。

  他社との違い、強みをアピールすることが大切です。

 

 サービスのメリットをしっかり強調
  手軽に利用できるサービスだということをアピールしましょう。
  ネットショッピングの魅力は出かけることなく、気軽に、煩わしさなく買い物ができることにあります。
  無料で、簡単に利用できるメリットをしっかり強調しましょう。

 

 ネットでの注文方法など、利用者が必要な手続きを分かりやすく説明
  図を用いて、注文方法、利用の流れを分かりやすく説明しましょう。
  効果音とテロップで印象づけると記憶に残りやすくなります。
  その際、テロップは短めに簡潔にすることを心がけましょう。
  長々と説明すると、かえって分かりづらくなってしまいます。

 

 思わずクリックしたくなる流れをつくる
  動画を見た後、ぜひ利用してみたい!と思わずクリックしたくなる流れを作りましょう。
  そのためには、簡単な手続きで気軽に利用できる行動フローをしっかりと動画の中で印象付け、
  ユーザーの記憶に残すことが大切です。