黄金比

黄金比(黄金分割)とは古くから建築などで使われる「調和的で美しいとされる比」のこと。1つの線分を2つに分けるとき、全体に対する大きな部分の比と、小さい部分の比が等しくなる分け方。大と小との比は約1.6対1になる。
黄金矩形(長方形)は2辺の比が約1.6対1になる。現在の「名刺」サイズや、ワイド画面(アスペクト比16:9)も黄金比に近い。似たものに「白銀比」がある。

 

- 目 次 -

[mctagmap columns="4" hide="no" num_show="5" more="more »" toggle="« less" show_empty="yes" name_divider="|" tag_count="no" descriptions="yes" width="165" equal="yes" manual="" basic="no" basic_heading="yes" show_pages="yes" show_navigation="yes" group_numbers="yes" taxonomy_term="design"]