アドボカシー・マーケティング

顧客にとっての最善を徹底的に追求し、顧客との信頼関係を作ることで、生涯顧客を増やしていくマーケティング手法を指します。アドボカシーの理論は「擁護」「支持」を意味し、アメリカのマサチューセッツ工科大学スローン経営大学院教授グレン・アーバンの著書から知られるようになりました。何が何でも消費者に買わせようとする過剰な宣伝や、顧客を失うほどしつこく提案する手法を見直し、顧客との長期的な信頼を築くために提唱されています。

 

- 目 次 -

[mctagmap columns="4" hide="no" num_show="5" more="more »" toggle="« less" show_empty="yes" name_divider="|" tag_count="no" descriptions="yes" width="165" equal="yes" manual="" basic="no" basic_heading="yes" show_pages="yes" show_navigation="yes" group_numbers="yes" taxonomy_term="web"]