アフターマーケット

商品を販売した後に展開される二次的なマーケットを指します。たとえば販売後に生ずるサポートや故障や事故時における修理などのメンテナンスサービスなどがアフターマーケットと言えます。販売後での顧客とのさまざまな接点は、その企業の製品やサービスを継続して利用してもらえる利益貢献度の高い顧客を拡大する重要なメソッドとなり、こうした場で顧客満足度を高めることができれば、クチコミに代表される紹介での収益をもたらすことができます。もともと自動車・オートバイの業界用語として用いられていましたが、中古家電、中古ソフト、書籍、古着、ちり紙交換、貴金属等ネットオークション等で出る産業製品の不用品等もこの市場に当たります。

 

- 目 次 -

[mctagmap columns="4" hide="no" num_show="5" more="more »" toggle="« less" show_empty="yes" name_divider="|" tag_count="no" descriptions="yes" width="165" equal="yes" manual="" basic="no" basic_heading="yes" show_pages="yes" show_navigation="yes" group_numbers="yes" taxonomy_term="web"]