アライアンス

「同盟」「連合」を意味し、経営用語では企業同士の提携を意味する言葉として用いられます。アライアンスは複数の企業が一つの企業に統合するM&Aに比べ、時間や資金を抑えて進めることができ、提携の解消も容易にできます。以前はソフトウェア業界や電機、通信、金融など変化や競争の激しい業界においてアライアンスが活発に行われていましたが、現在では多くの業界においてアライアンスが展開されています。アライアンスの形態には資本関係を伴うものと伴わないものがあり、資本関係を伴えば提携の強いアライアンスとなります。資本関係を伴わないアライアンスとしては、販売提携や生産提携、技術規格の共同化や物流の共同配送などがあります。

 

- 目 次 -