エバンジェリスト・マーケティング

商品やサービスの熱烈なファンを使ったクチコミ宣伝活動におけるマーケティングを意味します。「エバンジェリスト」はもともとキリスト教における福音伝道者を意味し、マーケティング用語ではある製品に関する熱狂的な信者で、他人にその良さを伝えようとする人を指します。マイクロソフト社では「エバンジェリスト」という役職を作り、自社の技術や製品を顧客に理解してもらうための啓蒙活動を続けてきました。イベントやセミナーでの講演、オンラインセミナーの講師、執筆活動などを通じて商品やサービスを伝播していくこともエバンジェリスト・マーケティング活動の一環に入ります。

 

- 目 次 -