エリアマーケティング

地域を軸としたマーケティング活動を意味します。多くの企業が全国均一のマーケティング戦略を立てていましたが、最近では地域の特性や人口・世帯数、歴史と風土が生んだその地域特有の価値観や社会構造を踏まえ、地域のニーズに対応できる形で地域ごとのシェアを向上させる動きが進んでいます。地域の違いを知ることで、より効果的な販売戦略につながります。たとえばうどんを販売する際、関東と関西ではだしの味の濃さに関するニーズが変わってきます。味噌汁の味噌の種類などでも同様です。このように各地域のニーズに対応することによって、全国的なシェアを伸ばすことも可能になります。都道府県の括りにとどまらず、市町村、さらには集落といった小さな単位にまで市場を細分化し、各エリアの特性に対応したビジネスモデルを組み立てることでより具体的な販売戦略を練ることができます。

 

- 目 次 -