キャッシュ

インターネット用語で使われる「キャッシュ」とは、ハードディスクに保存される閲覧したWebページのデータを意味します。インターネットからWebサイトを表示させる際、サイトの情報がパソコンのハードディスクに取り込まれます。これは、一度表示したページに再度訪問する際、前回訪問した際の情報を利用することですばやくページを表示させるための仕組みになります。
また、検索エンジンにおいても「キャッシュ」という言葉が使われます。Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンが、検索結果表示用の索引を作る際に、検索エンジンのデータベースに一時的に保存されたWebサイトのデータを言います。ページが検索エンジンにキャッシュされているかどうかを調べるには、Googleの場合、「cache:ページのURL」を入力します。またYahoo!の場合は、サイトのURLを直接検索窓に入力すれば、キャッシュされているサイト内のページの一覧を表示することができます。

 

- 目 次 -

[mctagmap columns="4" hide="no" num_show="5" more="more »" toggle="« less" show_empty="yes" name_divider="|" tag_count="no" descriptions="yes" width="165" equal="yes" manual="" basic="no" basic_heading="yes" show_pages="yes" show_navigation="yes" group_numbers="yes" taxonomy_term="web"]