マッピング

「割り当てること」や「対応づけること」を意味します。IT用語ではオブジェクト指向言語におけるオブジェクトと、リレーショナルデータベースにおけるレコードとを対照させることを「O/Rマッピング」と呼びます。O/Rマッピングを行うことによって、リレーショナルデータベースのレコードをオブジェクトとして直感的に扱えるようになり、リレーショナルデータベースに関わるプログラムをシンプルに記述することが可能となります。そのため、煩雑になりがちなデータベースに関する処理の記述が容易になり、柔軟なアプリケーションの構築ができるようになります。

 

- 目 次 -

[mctagmap columns="4" hide="no" num_show="5" more="more »" toggle="« less" show_empty="yes" name_divider="|" tag_count="no" descriptions="yes" width="165" equal="yes" manual="" basic="no" basic_heading="yes" show_pages="yes" show_navigation="yes" group_numbers="yes" taxonomy_term="web"]