マルチブランド戦略

一つの製品カテゴリー内に複数のブランドを展開することを意味します。複数のブランドを展開することで一つのメーカーの市場占有率をカバーし、市場の活性化と業績向上が狙いとなっています。一方で複数のブランドを同じ市場に展開する上で、双方が競合関係になってしまい、非効率になるというデメリットもあります。マルチブランド戦略を行う代表的な企業としては、ミネラルウォーターで「ぺリエ」「ヴィッテル」「コントレックス」などを展開するネスレやP&G、ロレアルなどが挙げられます。マルチブランド戦略との対極的な手法としては、製品ブランドにファミリー・ブランドやコーポレート・ブランドなどを冠する「ブランド・アンブレラ戦略」が存在します。

 

- 目 次 -