メディアレップ

インターネット広告の一次代理店を意味します。メディアレップは広告主にとってインターネット広告の買い付け先となり、メディアの運営者にとっては広告の販売窓口となります。閲覧者数の多いWebサイトやメールマガジンの運営者は、広告収入を得るために自ら広告掲載希望者を募集したり広告商品を開発していましたが、この業務を代行するためにメディアレップが存在するようになりました。メディアレップは人気のあるWebサイトやメールマガジンを発掘し、メディアと広告掲載希望者のマッチングを図っています。代表的なメディアレップとしてサイバー・コミュニケーションズ(cci)やデジタル・アドバタイジング・コンソーシア(DAC)などがあります。

 

- 目 次 -