ユニバーサルデザイン

年齢や男女、国籍や人種の違いを問わず、すべての人が共通して利用できる商品や施設、情報を意味します。1980年代にアメリカのノースカロライナ州立大学のユニバーサルデザインセンター所長、ロナルド・メイス博士によって提唱されました。ユニバーサルデザインセンターではユニバーサルデザインの7原則を以下のように制定しています。
・どんな人でも公平に使えること
・使う上で自由度が高いこと
・使い方が簡単で、すぐに分かること
・必要な情報がすぐに分かること
・うっかりミスが危険につながらないこと
・身体への負担がかかりづらいこと(弱い力でも使えること)
・接近や利用するための十分な大きさと空間を確保すること
ユニバーサルデザインを取り入れた製品の例として、車椅子用トイレの設定や、外国人向けの文字案内表示、キーボードやマウス以外でのパソコン入力方式、高齢者が安全に使用できるエレベーターやドアなどがあります。

 

- 目 次 -