one to oneマーケティング

顧客一人ひとりのニーズに対して最もふさわしいマーケティングを行い、顧客満足度や販売効率の向上を目指すマーケティング手法を意味します。1993年、マーケティングコンサルタントのドン・ペパーズ氏とマーサ・ロジャーズ氏によって提唱されました。
従来のマス・マーケティングが顧客を「集合体」と捉えるのに対し、ワントゥワンマーケティングは個々の顧客の嗜好やニーズ、購買履歴などに応じて、一人ひとり個別に展開されます。提供する情報や対応を一人ひとりに合わせて変化させることで、顧客はロイヤリティを感じることができ、継続的な商品やサービスの利用につなげることができます。インターネット上でワントゥワンマーケティングを行う場合、一人ひとりの嗜好や興味分野を分析したり登録してもらった上で、必要な情報をデータベースから引き出して顧客に提供する方法が一般的となっています。

 

- 目 次 -