カット

映像制作ではいくつかの意味として使われる。

撮影時に収録を止める時に、また編集時にある部分で、映像を切るときに「カット」すると言う。

収録した映像の一区切りの部分や、一つの画のことを「カット」と呼ぶことがある。例えば「今撮った富士山のカットは・・・」「ここではこの花のカットを使って・・・」というように使う。

「カット編集」「カットで、つなぐ」と言う場合には2つの映像をOLやワイプなどの合成を使わず単につなぐだけの編集の時に使う。 →OL ワイプ

 

- 目 次 -