首切りショット

被写体である人物の首のあたりの背後に横軸のものがあるショット。心理的に「さらし首」「首切り」のイメージがつきまとうので良くない。同様に人物の顔のアップを撮る時に、画面下に首をもってくるのも同じようなイメージがあるので良くない。人物のアップショットを撮る時は必ず肩のラインを多少入れ込みにしたサイズを作るべきである。

 

- 目 次 -

[mctagmap columns="4" hide="no" num_show="5" more="more »" toggle="« less" show_empty="yes" name_divider="|" tag_count="no" descriptions="yes" width="165" equal="yes" manual="" basic="no" basic_heading="yes" show_pages="yes" show_navigation="yes" group_numbers="yes" taxonomy_term="eizo"]