テレシネ

映画フィルム映像をビデオ映像に変換すること。これには主に2つの問題点がある。

フィルム映像とビデオ映像とでは色の表現が違うので正確な色再現ができないこと。

映画は通常1秒24コマで構成されているのに対し、ビデオNTSCの場合は30フレーム(コマ)で構成されているため、動きのある映像に不自然さが出てしまうこと。ただ技術的にはかなり改善されてきたので、実際上大きな問題はないが、ビデオ映像作品をフィルムで制作すると色表現や動きなどから古いレト口なイメージになるので、そういう効果を狙うには良い。

尚、反対にビデオ映像をフィルムに変換することを「キネレコ」というが、やはり上記と同様の問題点が存在する。ただあまり用途が少ない。

 

- 目 次 -