被写界深度

被写体の明るさによりカメラレンズの絞りアイリスを開け閉めして撮影する明るさを調節するが、その際、レンズの絞りの特性でフォーカスの合う奥行きの範囲が変わってくる。絞ればフォーカスの合う範囲が深くなり、開ければその逆に範囲が浅くなる。簡単に説明すると、手前と奥の2人の人を撮影した場合、非常に明るい照明環境では「被写界深度」が深くなって2人共フォーカスが合うような映像が撮れる。逆に、より暗い環境下では「被写界深度」が浅くなり2人のフォーカスはどちらかしか合わない。「被写界深度」が深すぎると何処もフォーカスが合って奥行きのない映像になり、「被写界深度」が浅すぎるとピンボケになりがちになるので注意が必要。プロカメラマンは被写体の位置関係と明るさを考え、「絞り」・「フィルター」・シャッタースピード等を的確に操作して、意図する映像を作らなくてはならない。 →アイリス シャッター

 

- 目 次 -