レンダリング

ノンリニア編集において、エフェクトやワイプをかけたりすると、場合によっては使用ファイルが大きくなるため、その映像を再生するのにハードであるPCの処理が間に合わない場合にはそのまま編集された映像を書き出すことはできないので、「レンダリング」という工程を行うことによって、編集ソフトで効果の指示をされた映像を新たにファイルとして作り出すことで、スムーズな映像再生が可能になる。

 

- 目 次 -

[mctagmap columns="4" hide="no" num_show="5" more="more »" toggle="« less" show_empty="yes" name_divider="|" tag_count="no" descriptions="yes" width="165" equal="yes" manual="" basic="no" basic_heading="yes" show_pages="yes" show_navigation="yes" group_numbers="yes" taxonomy_term="eizo"]