映像・動画の使い方

 

 

・ ビジネスのあらゆる場面で動画は活躍します
目的に合った動画作りを
動画の活用は現代のビジネスシーンでは必須と言えるところまできました。主に活用されることが多いのは企業紹介や展示会等で流す製品紹介動画です。動画の魅力は短い視聴時間で多くの情報を伝えられるうえに、スマートフォンやタブレットなどで場所を選ばずに視聴できます。その活用の幅が広がり近年では大手企業はもとより、中小企業までもが採用動画や研修用動画などの制作に積極的に取り組んでいます。また、ネット通販においても説明動画付きの商品はユーザーの評価が高く、購買率が高くなります。

・ 撮影や編集方法でオリジナリティを出す
こだわりの動画制作
動画マーケティングにおいて他社と一歩差をつけるのであれば、撮影や編集方法で企業独自の特色を出すことができます。企業紹介などをすべてアニメーション動画にしたり、空撮映像を追加することで記憶に残る印象的な動画に仕上げましょう。

 

 

 

 

・ 目を惹く要素
・ 短時間で多くの情報が伝わる
・ 感情移入されやすい
動画のメリットの大きなひとつとして、人の運動、思考的な要素が含まれます。人間はまず動くものに注意をむける習性があるため、動画はアイキャッチ力に優れています。さらに、動画は視覚、聴覚に訴えるため、短時間でより多くの情報をユーザーに伝えることができます。新聞記事を読むと3分かかる内容も動画ニュースであれば、わずか数秒ですべての内容を伝えることができることが良い例です。そして、映像は人の感情に影響を与えやすいという特性もあります。動画の内容が視聴するユーザー経験等にリンクする場合、共感や同調する心の働きがおこり、動画に対しての興味・関心が強まります。

・動画は拡散されやすい
メディアの発達によって、近年の広告がWebを介した拡散性のあるものになっているのは今や明白です。特に日々ソーシャルメディア(Facebook、Twitter等)で「シェア」された動画を見かけることがきっと多いはずです。この「シェア」は記事の投稿よりも動画の投稿の方が多くされていることがわかっています。

・Webサイトとの相性が抜群
オンライン動画の最大の価値はYoutubeアナリティクスなどによる検証が簡単にでき、そのデータを次の施策へと生かすことができることではないでしょうか?。この効果解析データをどれだけ有効に活用できるかが、動画マーケティングの成否を左右すると言えます。また、世界最大を誇る動画配信プラットフォーム「YouTube」は、検索エンジンとしてもGoogleに次ぐ世界第2位の規模となっています。つまり、Google傘下のYouTubeの動画は、Googleの検索結果でも上位に表示されやすいということです。結果的に自社サイトのホームページの中にYoutubeとリンクされた動画を設置するだけでSEO効果を高めることになります。動画の掲載されたWebサイトは、テキストだけのWebサイトよりもおよそ50倍、Google検索結果の1ページ目内に表示される可能性が高くなるという調査結果も報告されているようです。

・動画をつくらなければならない10の理由
 ▼無料進呈中