マニュアル・研修動画<商品ラインナップ>

お見積もりや質問など、お気軽にご相談ください

 

【マニュアル・研修】

 

従業員の導入研修や教育研修は
企業や人材の力の底上げに非常に有効ですが、
教える側も教わる側も時間や場所に大きな制約を受けるため、 充分に浸透させることが難しいものです。
教育研修に映像を活用すれば、教育品質の標準化や、
”いつでも・どこでも”研修を実施することができるのはもちろん、
具体的な利用シーンを想定した実践的な研修や 独特の習慣などをスムーズに伝えることが可能になります。

 

 


 

【マニュアル・研修動画】

 

パターン1/
「新入社員研修マニュアル動画」の推奨例
マニュアル動画を再現ドラマ風に仕上げ、分かりやすく伝えましょう。

 

 

 

制作のポイント

 

再現ドラマ風に仕上げる
  研修・教育用映像の効果的な例を挙げますと、
  再現ドラマ風に仕上げる方法があります。
  言葉だけの指導や、文字ばかりのマニュアル本と違い、教えたい内容を、視覚的にわかりやすく説明することができ、教育効果は抜群です。

 

 感情移入しやすく、働くイメージがふくらむ
  言葉や文字ではなかなか伝わらない事例を、映像を見る社員が感情移入しやすい同世代の役者(または社員)が 再現しますので、情報が的確に伝わり、
  実際に自分が働くイメージも膨らみやすくなります。
  まだ労働時のイメージが充分ではない新入社員に、
  具体的なシチュエーションを想定させながら指導することができます。

 

 教育内容を統一でき、指導側の負担が減らせる
  マニュアルや研修に映像を使えば教育内容を統一できるため、
  伝え漏れや、指導した人による教育の偏りがなくなります。
  映像なら、指導側の時間的制約もかなり減り、また何度も見られるため、指導側の負担を減らすことができます。

 

 コストを抑えることも可能
  もしも、出演者にコストをかけず、
  御社の社員様が御出演なさるような場合でも、経験豊富なディレクターによって丁寧に演出をつけさせていただきますので、
  演技未経験の方でもどうぞ御安心ください。

 

 


 


パターン2/
「飲食店マニュアル動画」の推奨例 

 

 

制作のポイント

 

 業務フローなど、具体的な仕事を映像化する
  身だしなみやビジネスマナーなどの基本的な事項から、
  自社特有の業務フローなど、様々な内容をマニュアルとして映像化します。
  文書や口頭で伝えるより、視覚から直感的に伝えることができます。

 

 映像化することで、いつでも繰り返し学習できる
  社員教育のために多くの従業員をまとめて拘束するのは負担が大きくなります。
  マニュアルを映像化しておけば、
  いつでもどこでも繰り返し学ぶことが可能です。

 

 身だしなみやマナーなど、映像でわかりやすく伝える
  出勤シーンの服装、髪形から始まり、
  ロッカー室でのユニフォームの身だしなみや 指先の爪チェックを行うなど
  実際と同じように役者に演じてもらいます。
  実際の店舗を使い撮影を行う事で、よりイメージがつきやすくなります。

 

 シチュエーションをカテゴリー分けする
  ポイントとなるシーンは映像をフリーズさせてテロップ表示を行うなど細かく作り込み、
  出勤、開店準備、スタッフミーティング、クレーム処理など事細かく想定されるシチュエーションごとにカテゴリー分けします。
  テロップにより重要なシーンを強調させることができ、効果的に研修を行うことができます。

 

  重点箇所を繰り返し、記憶に刻むようにする
  各カテゴリーの最後に、おさらいのコーナーを設け、記憶に刻むポイントを見せましょう
  重点箇所を繰り返し見せることにより、印象に残り、学習効果が高まります。

 

 

 

 


 

 


パターン3/
「コンプライアンス教育」の推奨例

 

 

 

制作のポイント

 

 具体的な事例を提示し、問題提起をする
  一人ひとりの責任ある行動が求められています。
  機密情報を漏らさない会社の物を私的利用しない
  パワハラになっていないか? 顧客情報を安易に扱っていないか?
  など想定されるシーンごとにカテゴリ分けをします。
  シーンごとに「あるある」という共感をさせる部分を盛り込み、 感情移入をしやすくしましょう。
  具体的な事例を示すことで、見る人に問題提起をします。

  

 

 再現ドラマ風のシーンを入れ、問題を考えながら見られるつくりにする
  シーンの中で、何が問題だったか、自分の部署ではどうだろうか?など、社員が映像を見ながら考えられる作りにしましょう。
  解説するだけの動画ではなく、再現ドラマ風のシーンを取り入れることにより、 映像を見ながら自らの業務の場面に当てはめ、考えることができます。

 

 解決策を映像とテロップで分かりやすく説明する
  シーンごとの解決策、事例を映像で紹介しましょう。
  簡潔なテロップ、効果音を入れると印象付ける事ができます。
  テロップ、字幕に関しては長すぎると読むのがむずかしいばかりか、 理解の妨げになります。
  簡潔なわかりやすいもので伝えていきましょう。

 

 社員に対する「気づき」を提案する
  意識を高める教育のポイントは「小さな自社事例を活用する」ことです。
  自社の事例を動画で取り上げると、社員の共感を呼び「コンプライアンス違反が他人事ではない」という意識付けをすることができます。