映像・動画制作の料金表

 

大阪で映像制作
まずは、ご相談ください。映像制作にかかる諸費用はヒアリングにて相談させていただきます。ご予算に合わせたセッティングで対応いたします。また、参考目安価格は、お客様からの素材をご提供いただいた場合の映像作品1本分の制作費となります。おおまかな作業内容は以下を参照ください。   参考目安価格
98,000円~

 

 

ヒアリング 制作者がワンストップでヒアリングを下に企画構成を考えます。
ディレクション ワンストップ対応
企画案
撮影
テロップ お客様が原稿をご用意ください
音効 BGM著作権フリーを使用
ナレーション
本編集 制作者に任せて頂きます
映像・動画の長さ 60秒前後 ※内容により異なります
納品形態 データ納品(.mp4、wmv等)
納期 最短3日〜
備考

素材(BGM除く)すべてご提供によります

 

 

大阪で動画制作

 

企画

企画構成費 70,000円〜/本 訴求物・訴求内容の下調べや、クライアント様と協議をしたり、資料を作成して様々な提案をする際にかかる費用です。企画がしっかりしたものでないと、支離滅裂な映像になったり、目的を達することが出来なくなるので、非常に重要であると言えます。

 

 

撮影

撮影機材費 10,000円~/日 カメラを中心とした、撮影に必要な機材の費用です。カメラは、ハンディタイプの手軽なものから、映画で使うようなデジタルシネマカメラまで、幅広く存在します。当然ですが、カメラ(特にレンズの質)によって画質が大きく異なります。
カメラマン費 70,000円/日 カメラマンの撮影費用です。また、案件内容によっては、撮影前のロケハン(事前に撮影現場を下見すること)にカメラマンが同行し、ベストなアングルを検討する場合もあります。
◆その他、必要とされる場合のある項目
 アシスタント費(30,000円~/日)、ロケハンティング費(30,000円~/日※交通費は別途必要)

 

 

編集

映像編集費
(修正2回まで)
10,000円〜/時間 撮影した映像を編集するための費用です。編集者の技量もそうですが、詰めの作業にどれぐらい時間がかかるかによって料金が決まります。完成映像尺が長ければ長いほど、編集作業にも時間がかかるので「編集費」も高くなる傾向にあります。
BGM・SE・
音響効果費
10,000円〜/時間 BGMや効果音等の選定、使用料、また簡易的な音編集の費用です。音響効果はその分野の専門会社もあり、映像4音響効果6と言われるくらいクオリティを左右するものです。もちろん、クオリティは、音楽や効果音の選定は以外にも、ミックスダウンの技術によっても顕著に表れます。音の付け方は、編集者が映像編集と同時にやってしまう場合と、完成した映像にナレーション、BGM、効果音をスタジオで付けるやり方があります。
◆その他、必要とされる場合のある項目
 3DCG動画制作費(200,000~/本)、グラフィック制作費(10,000円~/本)

 

 

ナレーション

ナレーション費 20,000円~
 /本
ナレーションを収録するスタジオの費用です。殆んど場合、オペレーター込みの料金となっています。
また、ナレーション収録と同時に、BGM、効果音をミックスする「MA作業」を行うこともあります。その場合は、収録以外にもスタジオでの作業があるため、値段がかかりますが、ミックスした音の品質は確かなものとなります。

 

 

メディア

オーサリング費 DVD・Blu-ray 
30,000円~
DVDやブルーレイを再生するときに出てくるメニュー画面を作成し各種設定することです。映像をチャプター分けすることや、必要な箇所はチャプターで呼び出せるようにするなど、ただ映像を流すというだけではなく、使いやすいメディアを作成する前提で映像が再生し終わった時にどのような動作にするかなど様々な設定ができます。
 また、このメニュー画面は何ページにも渡って作ることもできますが、その内容が複雑になればなるほどオーサリングのコストもかかってくるのが一般的です。

◆その他、必要とされる場合のある項目
 ジャケット制作費(5,000円~50,000/本)、盤面デザイン制作費(3,000円~30,000円/本)